Skip to content

カテゴリー: 研究

自民党は憲法をどうしたいのか(2)

9条改憲の危険性や、いわゆる「緊急事態条項」の危険性はしばしば指摘されていますが、私が個人的に自民党の改憲草案でいちばんひどい(逆に言えば、彼らの意図がわかりやすい)と思うのは、「憲法尊重擁護義務」の部分です。この件はあまり語られていないようですので、これについて指摘したいと思います。

現行日本国憲法の第99条には、次のようにあります。

第99条(憲法尊重擁護の義務)
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

多くの人が誤解していますが、現行憲法において、憲法を尊重し擁護する義務があるのは天皇や公務員たちであって、一般国民ではないのです。たとえば民間企業内などで人権侵害がある場合は、それが直接憲法違反になるのではなく、そうした企業に行政が指導をすべき(しない場合憲法違反)、ということになる理屈です。

これを自民党はこう変えたいと言います。

Comments closed