Currently browsing category

研究, Page 2

「風評被害」という詭弁

3.11東日本大震災からはや半年が経とうとしている。この間,レポートの採点に手間取ったことや,家族の事情などがあり,このブログもずいぶんご無沙汰になってしまった。 地震と津波もさることながら,福島第一原発の事故はチェルノ …

講演会「精神分析の射程」終了

布施哲先生のお世話で,名古屋大学での講演会「精神分析の射程――後期資本主義社会のメディア、文化、イデオロギー」にお招きいただきました。ご来場の皆さまありがとうございました。 京大の立木康介先生は,現在の日本のラカニアンと …

モーツァルトはおことわり

最近,講義などでなぜかナチス関係のことを話す機会が多い。なぜかと考えると,やはりあの手のイデオロギー操作のようなもののメカニズムを解明したいという気持ちが,私の心にずいぶん昔から潜んでいたからかなと思う。 今回上の絵本を …

第10回日本ラカン協会大会

来る12月5日(日),専修大学神田校舎7号館3F,731教室にて,日本ラカン協会の大会が催されます。 ラカン協会ができてもう10年にもなるんですねぇ。14:00からの10周年記念シンポジウム〈ラカン思想とその現代的展開〉 …

エマニュエル・トッド 国際シンポジウム

私の学部主催のシンポジウムがこの15日(木)に開催されます。トッドさんは76年にソ連崩壊を予言し,的中させたことで一躍著名になりましたが,どうやらリーマン・ショックも予言的中といったところで,今後注目されていくのではない …

第2回フロイト思想研究会大会

研究会のご案内です。以下こちらからの引用です。 日時: 9月27日(土)、28日(日) 場所: 京都大学大学院 人間・環境学研究科 地下講義室 参加費: 1000円 (申し込み不要・一般来聴歓迎)