Skip to content

社会分析学ウェブ@中野昌宏研究室 Posts

愛国つながりでヨタ(ヲタ)話

ご覧のように閑古鳥状態であるが,『国が燃える』関連で初トラックバックをいただいたことを喜びとして,「愛国」というお題でリレー漫談……じゃなく,関連記事を起こそうと思い立った。

とはいえ,このブログは当初の構想とは裏腹に少々硬い内容ばかりで,読者が気安く来にくいというダジャレのような難点があるのではと密かに思っている。ので今回は「本格的なヨタ話」である。あるいは「ヲタ話」か。それもお仏蘭西風味ときているのだ。

こちらで出会ったノルマリヤン(超エリート校エコール・ノルマル・シュペリュールの学生のこと)にして日本マニア(というと本人はどう思うか知らないが,ZONE(あの女の子4人組ね)マニアということは自認しているようである)に教わり,はじめて知ったもの,それは何かと尋ねたら……

5 Comments

世界がもし100人の村だったら考

ダグラス・ラミスという人は,以前からなかなか鋭い人だと思ってはいた。もと津田塾の政治学者で,護憲派の論客,現在は沖縄在住とのこと。これはまた政治的に微妙な土地であるよ。今日も琉球新報の,彼の手になる明瞭簡潔な(しかもかなり古い)記事を発見して,思わず快哉を叫びながら溜飲を下げた私こと中野であった。

……ともかく,彼が関係している本のなかで最も売れている(amazon調べ)のがこの本,ご存じ「ネットロア」代表の,『世界がもし100人の村だったら』(マガジンハウス)である。この本は,趣旨はたいへん高邁であり,教育上もよろしいものであるが,不肖私としてはちょっと気になる点もなくはないのである。

「誰かがすでにコメントしていたらもう言わんとこう」というか,「そんなん言うのは野暮」みたいな,そんな細かいことである。しかしGoogleのロボットが巡回する範囲では,今に至るまで誰もコメントしていないようなのである。うーんどうしたものか。

4 Comments

日本語の「は」と「が」の違い

日本語の「は」と「が」はきっちり違う。先日から論理学な話をロンリー(©内井惣七?)にやっているが,今日はこれを論理学的に攻略してみたい(別に私は論理学の専門家じゃないのだが)。

禿しくガイシュツの可能性もあると思われググッてみたが(やめろよその口調),ともかくよくわからないという意見が多いようだ。

5 Comments