Rss Feed Tweeter button Facebook button

日本語の「は」と「が」の違い

日本語の「は」と「が」はきっちり違う。先日から論理学な話をロンリー(©内井惣七?)にやっているが,今日はこれを論理学的に攻略してみたい(別に私は論理学の専門家じゃないのだが)。

禿しくガイシュツの可能性もあると思われググッてみたが(やめろよその口調),ともかくよくわからないという意見が多いようだ。


「は」と「が」の違い

しかもこのリンクの何やら専門的な説明も,ハズレとは全く思わないが,場合分けがたいへんな割にうまくいってる感じがしない。

日本語教育に関するFAQ

というわけでネット上にはさわやかな説明がどうやらないようである。明解な説明を発見された方はこちらまで通報してたもれ。

使用法のレベルで場合分けをいろいろとするのは文法学的にはまあ仕方ないといえば仕方ないのであるが,もっと原理的なレベルで考えてみようぞ(ああ,キャラが緩んできた)。だいたいそんなに複雑かなぁ。もっと直観的な把握がありうるはず。とまとめてみた。

いつものように,もし間違っていたらご一報を。

▼主述の関係を表すには,「は」が基本。

(例1)私は,中野です。
(例2)石原慎太郎は,太陽族である。
(例3)現在のアメリカ大統領は,ブッシュである。

あなたの目の前にいる「私」,そいつは中野という名前である。
石原慎太郎という特定の人物がいて,そいつは太陽族である。
現在のアメリカ大統領がいるとすれば,そいつはブッシュという名前である。
いずれの場合も(別に言明の中身はホントのことでなくてオッケー),

xFという性質をもつ

というわけで

F(x)

と書けるタイプの文である。「性質」(属性)とか言ったけれども,まず「ある性質を満たすものの集合」(述語側ね)を考えて,主語がそれに含まれるか含まれないか,を考える考え方もある。同じことだ。つまりは上の例はすべて「xは集合Fの要素である」ということを自然言語で言う言い方なわけである。なお例3などは多少引っかかりがあると思うが,「アメリカ大統領は,ブッシュという名前をもつという性質を満たしている」と読むとよい。

ともかくここでの要点は,主語概念よりも述語概念の方が広い,ということだ。

▼逆に,「が」はどうかというと,

(例1’)私が,[昨日お電話した]中野です。
(例2’)石原慎太郎が,[現存する唯一の]太陽族である。
(例3’)ブッシュが,現在のアメリカ大統領である。

というように,述語概念が十分に(1つとかに)絞られている場合に使うのだ(だから,外国人にとっての「は」と「が」の違いの難しさは,日本人にとっての英語の定冠詞「the」の難しさに通ずるとの指摘もある)。

例1では「私」は「中野」という名前をもてば誰でもよい(発言できる)のに,例1’では,特定の中野でなくてはならない(でないと文が不自然になる)。
例2’でも,真偽は知らないが太陽族のほうを絞らないと文が自然にならない。
例3’にいたっては,主述を逆にしないと自然な文が作りにくい(いやまあ,無理やりやれば作れるけど。つまりとても特殊な文脈なら使えなくはないが)。

と考えるとはっきりしてるでしょ。言い換えると,「AはBだ」は「A⊂B」と書けるが,「A[こそ]がB[なの]だ」はむしろ逆で,「A⊃B」(もしくは大部分は「A⇔B」)なのである(これは例3-3’が主述を逆にしている点に表れている)。たぶん。少なくとも基本的には。だから,文の発話によって伝えたい情報は「は」の場合には述語にあるのに対し,「が」の場合は主語にあることになる。上に挙げた日本語~FAQの「既知」とか「未知」という説明は,この構造に対応しているのだろう。結局,「が」の場合は,そのままでは(よーく考えてからでないと)

F(x)

という形式では書けないのである。

なお,「複文」というややこしいタイプの文が日本語にはある。

(例)象は鼻が長い
(例)私はチョコレートが好きです。

というやつである。まあこれについては読者自身でちょっと考えてみていただきたい。分解するだけのことだが。

▼さてさて,なぜこの記事が「時事」のカテゴリーに入っているのか。それは,例の発言を取り上げたいからである。つまり……

(a)自衛隊の活動地域は,非戦闘地域だ
(b)自衛隊の活動地域が,非戦闘地域だ

というやつだ。

当初,私は小泉首相が(a)の発言をした,と聞いて「ふ~ん」と思ったものである。だってそれくらい言いそうなことではないか。自衛隊の活動地域,すなわちサマワという場所。そこの状況が「非戦闘地域」と定義される範囲内に収まっているという認識である。その数日前にもそんな発言はあったし。まあこれはこれで問題あるが,彼なら言いかねない。というわけで驚かず,記事の内容もろくに読まなかった私である。

しかしながら,いろんな人が騒いでいるのでどうもそういう趣旨ではないのではないかもと思いはじめた。もしかして,(b)と発言したのでは? そう思った私は,記事を読み直そうとさっそくググるのであった。

【自衛隊イラク派遣】「活動している地域は非戦闘地域」 小泉首相が答弁(朝日)

党首討論:「自衛隊が活動する地域は非戦闘地域」 首相(毎日)

朝日と毎日は「は」を使っている。しかし,おお,何ということだ,もしこの発言が「イラク特措法の『非戦闘地域』の定義を問われ,かわしたものだった」(毎日)とするならば,ここは「が」とするのが正しいのである(ていうか冗長性がなくコンパクトだ)。だから次の日経の記者の言語感覚の方が優れている。タイトルというものは,短くて情報を過不足なく伝えるものがいいからね。

首相「自衛隊の活動地域が非戦闘地域」・党首討論(日経)

首相は,苦し紛れの言い逃れにせよ,「自衛隊が活動している地域」をもって「非戦闘地域」と呼ぼう(「定義」しよう),というのである。こ,これはご無体な。へなへなへな。ちなみにこの場合あえて「は」を使うなら

非戦闘地域[と]は,自衛隊が活動している地域である。

と言わないと。

う~ん。ひどい。じゃあ自衛隊は世界中どこでも好きなところに行けるじゃないか!!

そんな自由な。そんな神出鬼没な。

このことに気づいてまず思ったことは,岡田さん何やってんの,もっとちゃんと突っ込まなきゃ,ということである。まあ,あまりのことに虚を突かれたことだろうとは思うが……。でも4回も言ったらしいから,やっぱり突っ込まないとダメでしょう。日経によると「論理が逆立ちしている」という野次もあったという。気づく人はパッと気づくよねぇ。

追記 le 30 novembre 2004

毎日の別記事を見つけた。こちらのタイトルはバッチリだろう。

党首討論:非戦闘地域の定義は「自衛隊が活動する地域」--小泉首相

でもこういう新聞記事へのリンクは一定期間たつと切れてしまうのである。どうしたらいいものかな。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。