Rss Feed Tweeter button Facebook button
Currently browsing author

中野昌宏, Page 2

「3・11以降、日本人は大きな謎を解くための旅をしている」

矢部宏治さんの『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(集英社インターナショナル)を読みました。このエントリーのタイトルは、その著者・矢部さんの言葉です。 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか 著 …

大学生と政治

大学生が政治に興味がないというのは、端的な事実である。それは彼らと毎日つきあっている私も日々痛感している。もちろん残念にも思う。彼らのせいというわけでもない。のかもしれない。では誰のせいなのか。そこはよくわからない。いろ …

「L型大学」に学問は要らないか

例によって文科省界隈からトンデモコメントが出てきて、みんなでのけぞっています。楽しい毎日です。 「L(ローカル)型大学」というのは、「G(グローバル)型大学」と対をなす新造語です。これを提唱しているのは冨山和彦という方の …

川内博史さんのお話(1)――原発編

先日書いたように、中野ゼミ開闢以来空前の豪華スペシャルゲストをお招きしました。ひょんなことで知遇を得ることができた、前衆議院議員の川内博史さんと平智之さんです。 幸運なことに、このお2人にゼミに来ていただき、お話を聞くこ …

2014年度ゼミ合宿(大分)報告

9月中旬に、私の古巣である大分県は久住高原で合宿を行った。東京からかなり遠いわけだが、都会っ子たちに、ここの自然をどうしても見せたかったのである。 皆さんにしばしば「合宿って何するんですか?」と聞かれる。もちろん観光や遊 …

前期授業アンケート→ブログ再開

後期が始まり、前期の授業アンケートが手許に届いた。「現代社会の諸問題」と「象徴記号論」の2科目分。 だいたいいつも評判は悪くない。「この授業に対する担当教員の熱意が感じられましたか」という項目がいちばん評価が高い。熱意は …

京大の異変,あるいは“パワハラ系上司”の無能について

ご案内の方も多いかと思うが,このところ,私の古巣である京都大学の大学院「人間・環境学研究科」というところがピンチなのである。その大学院の下位に位置づけられる「総合人間学部」も含めて。 松本紘・京大総長が,突然これらを解体 …