Rss Feed Tweeter button Facebook button

『出版ニュース』の書評

『出版ニュース』7月中旬号の「ブックハンティング2006」という名の書評にて,拙著『貨幣と精神』が取り上げられました。評者は高橋順一先生(早稲田大)です。たいへんにお褒めいただきました。面識も何もない方に気に入っていただけるものを書けたということは,まさに物書き冥利につきる幸せです。

しかし昔からいろんな人から言われてたのですが,やはり私の文章は「アロガントな香り」がするんでしょうかね。そうなのかねと妻に聞くと,「うん。図々しいよね。文体が」とか言われました。しくしく。書いている当人はいたって謙虚なつもりなのですが。というより,ひたすら「内角をえぐるように打とうとしている」だけなのですが。

蝸牛の歩みではありますが,もっともっと精進していきたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。